「帰って寝るだけ」という仕事人間はあまり家に執着がない

仕事の捉え方によって変わってくる自分に合った理想の家

果たして膨大な借金をしてまで自分が住みたい家があるのだろうかという根本から考える必要がある。「一国一城の主」といっても、その実は、多くは建て売り住宅を買う、またはマンションの一室を買うということに過ぎないのですから、洋服でいえば吊るしの既製服を着ているようなもので、結局お仕着せの間取りとインテリアの中で住んでいくことになるのです。そしてそのために何千万もの借金もしていかなければならない。たしかに出来合いの家は安いから、それをばっと買うのはお手軽ですが、だんだんと飽きてくるといったことも大いにあります。

だからこそ、同じ借金をするのなら、本当に自分の住みたい家はどういうものかということを、一から考えておくべきだ、というのが私の提案なのです。仕事観が住まいを決めるたとえば、小さな土地を買って、小さいなりに工夫を凝らした家を造るのもいい。自由業の人ならば、都心のほうに仕事場を別に作り、家は、多少不便でも郊外で緑が多いところに住むという生き方もいい。また、都心から離れたところにやや広い土地を買って、職住分離という生き方を意識した家を造るのもいい。

その際、余裕があれば、仕事場に近い都心にワンルームマンションでも借りて、ウィークデーはそこから通勤するとなお便利でもある。このように、自分の様々な生活パターンやオプションを広く考え、自分がその家に住むにあたってのコンセプトというものを設定して、それから大切なお金を投資していくべきだと思います。たとえば会社から電車一本で行けて、駅から徒歩十分以内だとか、子供の学校も乗り換えずに住むといった利便性で住むところを決めても、その会社が潰れたらどうなるのでしょうか。


What's New
2014/12/15 注目記事を更新しました。
2014/12/11 新着記事を更新しました。
2014/12/10 男と女の理想を更新しました。
2014/12/07 後悔しないためにを更新しました。
2014/12/05 住んでみたい家を更新しました。
2014/12/03 仕事の捉え方を更新しました。
2014/12/02 仕事の捉え方によって変わってくる自分に合った理想の家を更新しました。
2014/11/29 ホームページをリニューアルしました。

注目サイト
住まいの一番賃貸・不動産情報サイトアットホームマピオン住まい探し
名古屋近郊の賃貸マンション情報を検索できます。地図や物件条件などから検索できます。賃貸と購入、売却などの情報を検索できる。地図、路線、通学時間等から検索することができる。不動産物件検索(賃貸/中古売買)のサイト。賃貸マンション・アパート・一戸建などの賃貸住宅情報が充実。